<< 栗田 智仁のぶどうの皮がつるりん♪ | main | 栗田智仁 ぶどうの豆乳シャーベット。 >>
2016.11.07 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.02.09 Wednesday

    栗田 智仁のワインよりおすすめの赤ぶどうジュース

    0
       栗田 智仁のぶどうの話

      はい!栗田 智仁です。
      今日は、赤ぶどうジュースのお話です。
      赤ワインが体にいいのは良く聞く話ですが、赤ぶどうジュースがもっといいいなんて。
      でも、そうですよね。元はおなじぶどうからできているんですから。
      アルコールが入っていないので、お酒が飲めない人にはいいかも知れないです。
      毎日、コップ一杯程度ならば続けるのも苦にはなり難いですよね。
      栗田 智仁でも続けられそうなきがする。
      アルコールで体を壊してもいけませんし・・・。

      「フレンチパラドックス(フランスの矛盾)」という言葉をご存じでしょうか。
      フランス人は肉類を大量に摂取する上に、喫煙率も高いのに心疾患死亡率が低いという不思議です。
      これはフランス人が赤ワインをたくさん飲んでいる効果であるとの研究結果が発表され、日本でも「ポリフェノール」は健康に良いということで赤ワインブームが起こりました。

      私たちの食生活もどんどん洋風化し、肉類中心の食事が多くなっていますから大いに見習いたいところです。
      しかし、フランス人はワインを一人当たり年間60リットル以上(ちなみに日本は0.9リットル)飲んでいるといわれ、これをまねすることはなかなかできません。日本人は西洋人に比べ遺伝的にアルコールに弱い体質の人が多いとされています。肝臓を壊してしまっては元も子もありません。

      そこで、気軽に美味しくポリフェノールを摂取できるぶどうジュースの出番です。お酒に弱い人や、子供からお年寄りまで安心して飲んでいただけます。

      「毎日コップ一杯程度のぶどうジュースを飲めば、心臓発作を抑える効果がある。心臓発作防止薬のアスピリンと同程度の効果のある赤ワインよりも、赤いぶどうジュースは30%も上回る効果がある」
      とのアメリカの研究結果もあります。

      心臓発作、血栓予防、眼精疲労回復、ガン抑制・・・・

      2016.11.07 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック