<< 栗田智仁の果肉たっぷり!ぶどうジャムの作り方 | main | 栗田智仁の種無しぶどうの作りかた >>
2016.11.07 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.02.21 Monday

    栗田智仁のぶどう豆知識

    0
       はい!栗田智仁です。

      今日のぶどうの話は、ぶどうの豆知識です。
      ぶどうってどうやって選んでいますか?粒の大きいもの?それともいろの濃いもの?
      正しい選び方を学んで美味しいぶどうを食べましょう!
      栗田智仁は、ぶどうの茎のほうが甘い何て知りませんでしたよ。
      新しい発見です。

      ●ぶどうの選び方・保存方法
       粒が揃っていて、皮にハリがあり、軸の太いもので粒がポロポロ落ちないものが新鮮。ぶどうの粒の表面にはブルームという白い粉ついていますが、これは病気や乾燥から守るために実から出たものなので、粉がきれいについているものを選びましょう。
       ぶどうは茎(上)の方が甘いので、下の方から順に食べると最後までおいしく食べることができます。
       保存する場合はポリ袋に入れて野菜室へ。なるべく早くいただきましょう。また、冷やしすぎると味が落ちてしまいます。食べる直前に冷やして食べましょう。

      ●ぶどうの栄養
       あま〜いぶどうの糖分は、果糖とブドウ糖です。体内ですばやくエネルギー源となるので、疲労・体力回復には効果的。しかし、果物だからといっても糖分は糖分。余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまうので、食べ過ぎにはご注意を。
       その他、ビタミン、鉄、カリウムなどが含まれています。カリウムは利尿効果があるのでむくみや高血圧症に効果があります。干しぶどうになるとカリウムの量はさらに増えます。食物繊維、鉄分も多いので、女性にはオススメです。ただし、糖分が多いので毎日少しずつ摂るようにしましょう。

      ●ポリフェノール
       フレンチパラドックス(フランスの矛盾)という言葉をご存じですか?これは、フランス人は脂肪分の多い肉料理たくさん食べるのに、心疾患などの病気がなぜか少ないということを表した言葉です。フランス人はお肉をたくさん食べますが、赤ワインも大好き。この赤ワインに含まれるポリフェノールが動脈硬化を予防するので心疾患などの病気が少ないのだといわれています。
       ポリフェノールは細胞のサビ(老化)を防ぐ抗酸化作用を持っています。ぶどうでは、特に皮や種に多く含まれています。皮に含まれる色素成分のアントシアニンは色が濃いほど多く含まれているので、白ワインより赤ワインの方が効果的。肉料理には赤ワイン、またはぶどうジュースを合わせてみましょう。

      2016.11.07 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM