<< 栗田智仁のぶどうの女王 | main | 栗田智仁のブドウ >>
2016.11.07 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2011.03.04 Friday

    栗田智仁のメルローとは?

    0
       はい!栗田智仁です。

      今日は、メルローというぶどうを紹介しようと思います。

      メルローと聞くとワインを思い浮かべる人も多いと思います。
      ワインのことをよく知らなくても名前くらいは聞いたことありますよね。
      メルローとはどんなぶどうなのか、栗田智仁は調べて見ました。

      メルローとは?

      ボルドーのポムロール地方で栽培される有名な葡萄品種ですが、その他の地域でも異常な位人気が出てきています。歴史家アンジャルベールによるとメルローは1784年には、サンテミリオンとポムロール地域における良質の葡萄品種としてすでに記録されていたと言います。以前はそれほど人気もなくカベルネの補助品種として使われていましたが、実力が認められると次々と優れたワインが造り出されました。無名であったヴァランドローやルパンはこの品種を使い一躍有名になったことで、シンデレラワインと呼ばれます。ワインのタイプはプラムの香りの豊富なものや、フルーツケーキのようなものから、カベルネ風の香りをやや抑えたものまで様々ですが、タンニンはやや少なく、舌ざわりがふくよかです。メルローはカベルネ ソーヴィニョンほど樹勢が強くなく、腐敗の影響を受けやすい面もあり、またベト病にも敏感です。ですが飲みやすい特徴から人気があり、世界中で植えられています。イタリアではウンブリア州や北で軽いタイプのワインを造っていたのみでしたが、トスカーナでラッパリータやマッセートが、イタリアでもポムロールタイプの優れたワインを造れることを証明したことにより、その後レディガッフィ、ミアーニ、ラ リコルマなど最高級ワインが次々と生まれました。メルローはこれからもますます期待される品種です。

      2016.11.07 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM